青髭を何とかしたい!主な3つの予防法を紹介

髭剃りは最も手っ取り早い方法
髭の濃い人は、剃り跡が青々としてしまい、カッコ悪いと感じる人も多いでしょう。このような青髭を予防するためには、髭剃りが誰でもできる手っ取り早い方法といえます。ただし髭剃りは正しい方法で行わないと真の意味での青髭予防効果は期待できません。まず髭剃りのタイミングが重要です。朝一番で髭剃りを行っている人もいるでしょうが、できれば午前10時以降に剃ることです。髭は一定のペースで伸びているわけではなく、朝6~10時が最もよく成長するといわれています。ですから10時以降に剃れば、ある程度時間が経過しても青髭になりにくいわけです。

日焼けをしてカモフラージュする
青髭の目立つ人は、一般的に肌の白い人が多いです。肌が白いと、余計青が目立ってしまいます。浅黒い肌をしていると、肌の色の強さによって髭の青さをカバーできます。もし色白の肌であれば、日焼けすることで青髭をカモフラージュすることが可能です。ただし日焼けは正しい方法で行わないと、将来シミやしわ、たるみのような肌トラブルを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

最も確実な方法は脱毛すること
青髭の予防で最も効果があるのは、やはりひげそのものをなくしてしまう方法でしょう。つまりひげ脱毛をするわけです。今では日本全国にメンズエステサロンが進出しており、その中で日毛脱毛の施術を実施しています。ツルツルにならないかもしれませんが、ひげの濃さが薄くなることで青髭を回避できる可能性は高いです。もし青髭予防をしたければ、頬の部分の日毛脱毛を重点的に行うのが個人的にお勧めです。青髭が目立たなくなるだけでなく、自然な感じのひげの濃さに調整できるでしょう。ただしエステサロンでひげ脱毛を行った場合、痛みが伴うことには注意したほうがいいでしょう。イメージとしては、輪ゴムを使ってはじかれたときのようなぴちっとした痛みといった感じです。またサロンによって効果の現れ方も異なるので、施術実績のあるサロンを探すのがいいです。