気になる青髭!おすすめの脱毛方法とは?

比較的若い年齢の男性は気になる青髭です。これを書いている筆者も気になった年頃がありました。
男性である証とも言える髭ではありますが、濃淡には個人差があります。いくら男性であるとは言っても、やはり気になるのは仕方ありません。仕事によってはマイナスイメージにも繋がります。
そんな青髭の濃い方向けの脱毛方法について考えてみます。

まずは気になる瞬間です。考えてみるとどんな時に気になるのでしょうか?
一番はやはり異性(身内でない)と対面する時でしょう。
「見た目は関係ない」とよく言います、色々な場面で。
しかし、見た目は関係ないという「段階にまで発展するため」に見た目を大切にしなくてはなりません。それだけではもちろんダメですが、印象の8割を見た目が決めているとも言います。
それだけ大切である事は事実です。初対面なんてその人の情報は見た目が大部分を占めますからね。特に異性と対面する時は余計に気になるでしょうし、気にしなくてはなりません。

やはり、遠目であるよりも近距離での色見を気にされる方が多いでしょう。
ちょっと話は逸れますが、男性のお化粧というのも最近はいらっしゃいますからファンデーションで隠すといった方法もあります。
しかし、テレビに映るのとは違い直接近距離で見られる事を考えると適切ではないかもしれませんね。

即座に可能な方法としてはやはり毛抜きで…というのが多いでしょう。これは絶対おすすめではありません。
本当に瞬間的にキレイになっているようには見えるでしょう。やっぱり引き抜くという手法なので皮膚を傷めたりと、当然良い方法ではありません。場合によっては赤身を帯びたりと酷くもなります。

ジェルや脱毛機器とう比較的手軽に自宅で出来るようになり、その商品も増えてきました。(もう深夜番組の通販では痩せる機器なみにおなじみ?ですね)
ですがこの商品や機器には非常にアバウトな共通点があるのです。
それは「自分で」という事です。
毛抜きと同じで「その瞬間」は可能でしょう。しかしその後を考えたり対処できるのかは謎で、これも場合によっては使用前より酷くなったりします。
髪を染める薬剤等と違い、事前のパッチテスト等が無く取り扱い説明書には「何かあった時に使用をやめる」としか書いていないからです。まあ、素人が自宅でなんて結構理想的すぎます。

方法を考えるのであれば、事前ケアからアフターフォローまで相談出来るプロへ頼む事がおすすめと言えますね。